使ってみんしゃいよか石けん

 

管理人の超オススメの洗顔料、

然よか石鹸

についてお話をしていきます。

 

 

◎あらかじめこちらの記事をお読みください

 

 

これから「よか石けん」についての魅力を私がバンバン語っていくのですが、(笑)

 

洗顔石けんって何?」「ビオレじゃダメなの?」という状態だと、

なかなか“良さ”をご理解頂けないかと思いますので、

 

 

あらかじめ「洗顔料の選び方」に関する↓の記事をお読みいただければ幸いです。

 

>>『洗顔フォーム』と『洗顔石鹸』の違いと石けんが肌に優しい理由!

>>純石けんで洗顔したら乾燥する!? 『洗顔石鹸』の正しい選び方

 

 

 

「洗顔フォーム」は、肌に悪いことだらけ!!

「洗顔石けん」は、肌に優しくて、活性化してくれる!!

 

 

ということをご理解頂いた上でここから先をお読みくださいませ。(^-^)

 

 

 

 

私(管理人)が、「よか石けん」を購入した理由

然よか石鹸

 

 

私はつい最近まで、

「泡で出てくる洗顔”フォーム”」、ダヴを使っていました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

水洗顔を始めてから、ニキビや肌荒れなどもあまり発生しなくなりましたし、

別に洗顔料なんかなんだっていいだろ・・・」的な考えで、

完全に安さだけを重視して、この”洗顔フォーム”を使い続けてきました。

 

 

でも、

 

ちゃんと汚れを落としてくれないんですよね。

ちゃんと落とそうとすれば肌に必要な成分まで・・・

 

 

私がずっと使い続けてきた「ダブ」は、『洗顔フォーム』なので、

合成界面活性剤がたっぷりと含まれていて、

肌に必要な成分(皮脂や角質など)まで、根こそぎ洗い流してしまうんです。

 

 

肌にとっては、いいことなど一つもありません。

 

>>あらら・・『洗顔フォーム選び』でやってしまいがちな5つの間違い!

 

 

 

私はいま現在、「水洗顔(洗顔料の回数を減らすスキンケア法)」を実践しているのですが、

“水だけで洗う”ため、当然古い角質や汚れなんかはドンドン溜まっていきます。

 

その汚れを落とすために、自分の体質に合わせて「3日に1回洗顔料を使う」を決めているのですが、

『ダブ』などの洗顔”フォーム”を使っても、なかなか汚れを落としてくれないんですよね。

 

 

特に、鼻の上の角栓(古い角質)やあごの角質なんかは全然・・・。

 

 

 

かと言って、

洗顔料の使用回数を増やしてしまえば、それこそ「水洗顔」の意味がなくなってしまい、

たちまち肌がボロボロになっていってしまいます・・・。

 

 

洗顔“フォーム”は洗浄力が強すぎるので、どうしても肌にとっては負担なんですよね。

 

 

 

 

「洗顔”フォーム”(合成界面活性剤配合)」が肌には悪いということは知っていたので、

 

 

そろそろ、値段だけの「洗顔フォーム選び」から脱出して、

もっと肌キレイにしてみようかな??

 

 

と思ったのが、私が「然(しかり)よか石けん」を購入するきっかけになります。

 

 

 

今は多少値段が高くても、自分の「肌のためになる」モノだったら、ケチらないようになりました。

どれだけいい”洗顔フォーム”を使っても美肌は目指せませんからね。(^-^)

 

 

 

ここで、ちょっとだけ「フォーム」と「石けん」について補足しておきますね。

 

 

 

【本当に肌のことを考えるなら”石けん”を選ぼう!】

 

洗顔”フォーム”の場合は、

合成界面活性剤などの(科学的な)合成成分」がたっぷり含まれています。

 

そのため、洗顔後は「なんとなくうるおっている」ように見えても、

実はそれはただ単に(人工の)保湿成分が押し込められているだけで、

角質層はスッカスカでボロボロだったりします・・・。

 

なので、「洗顔”石けん”」を選びましょう、ということでしたね。

 

>>『洗顔フォーム』と『洗顔石鹸』の違いと石けんが肌に優しい理由!

 

 

でも・・・ 「石けん」と呼ばれていても、

スーパーやドラッグストアで100円・200円くらいで売られているものは

乾燥しやすい』という欠点があります。

 

これは主に「純石けん」と呼ばれる”石けん素地”だけで構成されるモノを指します。

 

何しろ大量生産型なので・・・。

 

 

じゃあ仕方ないね、

 

ちょっと高くても「極上の洗顔」ができるならいいや。

 

これも私が「よか石けん」に目をつけた理由であります。

 

 

 

 

っていうか・・「よか石けん」って何!?

使ってみんしゃいよか石けんCM

 

 

数年前からテレビCMなども放送されているので、

おそらく多くの方がご存知かと思いますが、

 

 

お前さっきから”よか石けん”とか普通に言ってるけど、知らないし・・

という方のためにも詳しく丁寧に説明をしていきますね!

 

 

 

まずはよか石けんという言葉すら聞いたことがない!

という方はこちら↓をご覧下さい。然りよか石けんのPVになります。

 [youtube id=”DOjL_dguAT4″]

 

 

 

 

「然(しかり)よか石けん」は、

 

顔の汚れをたっぷりの泡で洗い流してくれる”洗顔石けん”

 

になります。

 

 

どんな商品なのか?は↓こちらをご覧下さい

 

口コミで人気、火山灰の吸着力!然(しかり)よか石けんとは?

 

 

*ちなみに、今年(2014)の9月1日から、

「つかってみんしゃいよか石けん」⇒「然(しかり)よか石けん」に名前が変更されました。

 

 

【完全無添加】「然(しかり)よか石鹸」にリニューアルで何が変わった?

 

 

 

“よか石けん”の「成分」を徹底的に調べました!

よか石けん成分

 

 

「よか石けん」とは何なのか?がお分かりいただけたかと思いますので、

次は「含まれている成分」について見ていきますね。

 

 

これは、インターネットでテキトーに調べたわけではなく、

私が「直接電話して」調べました。(^-^)

 

 

ちょっと専門的なことを質問したせいか、なかなかいい答えが得られず、

5回くらい電話しました。(笑)あとメールでも。。。

こうして「良さ」を伝えるためなので、「迷惑」ではないですよね。。。w

 

 

あらかじめ↓の記事をお読みいただけると「良さ」がお分かりいただけます。

 

>>>純石けんで洗顔したら乾燥する!? 『洗顔石鹸』の正しい選び方

 

 

 

 

「石けん」なのか?

 

それは「洗顔フォーム」ではなくて、「洗顔”石けん”」ですよね??

ということをしつこく質問したところ、

 

 

「石けん」で間違いないそうです。

 

 

「弱アルカリ性です!」とも言っていただいたので、

本物の石けんになります。(^-^)

 

 

本来であれば、

「石けん」の洗浄成分は石けん素地と呼ばれる”脂肪酸ナトリウム”などですが、

 

 

よか石けんの場合は『火山灰シラスパウダー』によって肌の汚れを洗い流してくれます。

 

 

使ってみんしゃいよか石けん火山灰シラス

 

使ってみんしゃいよか石けん火山灰シラス2

火山灰シラスパウダーの詳しい説明はこちら

 

 

この「火山灰シラスパウダー」が優れもので、

毛穴より小さい”ため、毛穴の奥に詰まった汚れをしっかり吸着してくれて、

 

 

結果的に、

鼻の黒ずみ」だったり「肌のゴワゴワ感(角質・角栓ずまり)」を解消してくれるというわけなんです。

 

 

また、

吸着力(汚れをキャッチするチカラ)が強いので、

取れにくくなった「古い角質」などをしっかり取り除いて・洗い流してくれます。

 

 

 

練り石けん”という特殊な方法で作られたのが、

「よか石けん」になります。

 

 

 

どうやって作られているのか?(製造方法・過程)

 

 

純石けんで洗顔したら乾燥する!? 『洗顔石鹸』の正しい選び方では、

 

ホットプロセスやコールドプロセスなど・・・

石けんを作る過程についてお話しました。

 

 

 

これも電話で聞いてみたんですが、

 

企業秘密なのでお教えできません。

 

だそうです。(笑)

 

 

そりゃぁそうか・・・・

 

 

 

でも、

よか石けんは「作るのに時間がかかっている・手作業で詰める」というのは確かなので、

コールドプロセスなどの高級な石けんの製造方法と同じはずです。

 

使ってみんしゃいよか石けん手作り

 

 

また、

「美肌成分を60%以上配合」していることからも、

枠練り製法”などの高コストな製法であることは間違いなさそうです。

 

使ってみんしゃいよか石けん枠練り製法

 

 

市販で売られている石けんのほとんどが「機械練り製法」などで、

大量生産されています。

 

「純石けん」と呼ばれていて、98%以上を洗浄成分が占めてしまうので、

どうしても肌が乾燥しやすくなってしまいます。

 

>>>純石けんで洗顔したら乾燥する!? 『洗顔石鹸』の正しい選び方

 

 

 

 

このよか石けんの場合は、「枠練り製法」のような形で製造されているので、

 

コラーゲンやアロエ、緑茶エキスや黒砂糖、ウーロン茶エキス・・・などなど、

 

火山灰シラスパウダーの他にも、美容成分をたっぷり含めることができているというわけですね。

 

 

 

石鹸特有の「弱アルカリ性」によって肌を活性化でき、

おまけに「たっぷりの美容成分」で肌を保護することができるので、

 

これほど最強な洗顔料はありませんよね。

 

 

 

練り石けん”という独自の製法だからこそ実現できるというわけですね。

 

 

 

無添加?

 

おそらく皆さんが一番気になるポイントであろう、

「添加物」について。

 

 

これはしっかりと、

 

化学的な合成成分は完全無添加です!

 

とお応えいただきました。

 

 

私たちの肌をボロボロにする、合成界面活性剤はもちろんのこと、

アルコールやパラベン(防腐剤)着色料香料鉱物油・・・などなど、

 

私たちの肌に害をなすかもしれない「合成成分」は一切含まれていないようです。

 

 

その代わり、

肌に潤いを与えてくれる天然成分がたっぷり入っています!(^-^)

 

 

 

 

【医薬部外品に認定された!?】

 

この「よか石けん」、実は医薬部外品です。

 

*医薬部外品・・・とは?

”ちょっとだけ「薬」の効果がある”と思って頂ければいいかと思います。

 

使ってみんしゃいよか石けん医薬部外品

配合されている”美容成分”の詳細はこちら

 

 

グリチルリチン酸ジカリウムという成分によって、

肌の「炎症」を抑えてくれます。

 

ニキビや肌荒れ、”赤み”なども軽減してくれます。

 

 

もちろん

「よか石けんを使えば、どんなにニキビがひどくてもキレイさっぱり使った瞬間から治る!」

というわけではなく、

 

使い続ける”ことで、予防することができます。

 

 

甘草由来なので、安心ですね。

 

 

 

「よか石けんに含まれる成分」は以上になります。

 

 

では、よか石けんを使えばどのような効果が期待できるのか?

についてお話していきますね。

 

 

 

「よか石けん」を使えばこうなる

使ってみんしゃいよか石けん泡

 

 

よか石けんには「火山灰シラスパウダー」という吸着力に優れた洗浄成分が含まれ、

たっぷりの泡で洗顔することができるため、

 

以下のような効果が期待できます。

 

 

○毛穴の開きを改善できる、目立たなくなる

(汚れのつまりを改善

 

○毛穴の黒ずみ、”ブツブツ”がなくなる

(古い角質をしっかりキャッチ)

 

○ニキビ肌を改善できる(有効成分によって予防できる)

 

○”くすみ”を改善できる(肌を明るくできる・トーンをあげる)

 

○全体的に「肌をキレイ」にできる(美肌を目指す!)

 

 

 

まず、

「石けん」なので合成界面活性剤などが含まれていないため、

肌に優しいです。

 

黒ずみを取る!角質ケア!」といった超強力な洗浄成分で無理やりはがすピーリング用品とは違い、

「肌に必要な成分を残しつつ」、汚れ(古い角質など)をキャッチして洗い流してくれるので、

 

 

 

黒ずみ・毛穴の汚れは落とせたけど、なんか肌はボロボロ・・・

取っても取ってもまた出てくる・・・ニョロニョロと・・・

 

 

という事態を避けることができます。(^-^)

 

 

 

合成界面活性剤などのように、「角質をはがすほどのチカラ」はないので、

角質層のバリア機能が壊れてしまって、肌が乾燥するようになるなんてことはまず起きないはずです。

 

 

溜まってしまった古い角質なんかも、ぬかりなく取り除いてくれるので、

肌のくすみも改善することができます。

 

 

 

とにかく、

 

がヤバイです。

 

使ってみんしゃいよか石けん泡

 

 

ちょっと見て欲しいのがあるんですが、

これ↓

 

使ってみんしゃいよか石けん4

 

 

「然(しかり)よか石けん」を購入した方の”口コミ”になりますが、

 

 

高2の息子がちゃっかり使っていました。

「なんだかニキビ肌が良くなってきたみたい」。

 

 

どう思います?なんか微笑ましいですよね。

 

 

 

誰でも、どんな肌質でも使える、

 

それが「よか石けん」の素晴らしいところ。

 

 

口コミの続きはこちらからご覧いただけます

 

 

 

「然(しかり)よか石けん」はこんな感じです

 

では、

実際に私が「よか」を使ってみての感想をお伝えしていきますが、

その前に、お約束の・・・・。

 

 

 

【商品到着~泡立てまで】

 

私が「よか石けん」を購入したのは2014/1/21(火)で、

商品が到達したのが2014/1/26(日)でした。

 

ちなみに、秋田県在住です。

 

 

 

では、実況していきますね。(^-^)

 

 

 

然りよか石けん

 

中身はこんな感じ

然りよか石けん

 

 

 

然りよか石けん

 

*今現在は「然(しかり)よか石けん」という商品名になっています。

【完全無添加】「然(しかり)よか石鹸」にリニューアルで何が変わった?

 

 

さぁ~、フタを取ると・・・

然りよか石けん

 

 

実際に泡立てていきます。

 

 

さくらんぼ大の量を指に取って、

使ってみんしゃいよか石けん

 

 

↓の「よかネット」を使って泡立てていきます。

使ってみんしゃいよか石けん

 

 

まだまだ未熟ですね。

これくらいしか作れませんでした。(笑)

使ってみんしゃいよか石けん

 

この↑泡・・・、まだまだ「きめ細かさ」が足りません。

 

 

私は今まで↓のような「泡で出てくる」タイプの洗顔料ばっかり使っていたので、

泡立てネットを使って泡立てるのが超下手くそ・・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

でも、3日くらい使ったら、

↓のような「モコモコでキメがかなり細かい」泡を簡単に作れるようになりました。(^-^)

使ってみんしゃいよか石けん泡

*イメージです。

 

 

お約束の・・・

ビビってますね。(爆笑)

使ってみんしゃいよか石けん

 

 

こんな感じでやってみたかったんですけどね。。。

使ってみんしゃいよか石けん7

 

 

ちなみに・・「DOVE(ダブ)」のプッシュ1回分。

使ってみんしゃいよか石けん

 

どっちがいいのか?なんて一目瞭然ですね

 

使ってみんしゃいよか石けん

 

”よか石けん”の詳しい説明はこちらです

 

 

 

「然(しかり)よか石けん」を使ってみた感想

よか石けん効果乾燥

 

 

では、

 

「よか」を使ってみてどう感じたのか?

肌にはどのような変化が現れたのか?

 

を詳しくお伝えしていきますね。

 

 

*1月28日から使い始めて、「水洗顔」を行っているため『3日に1回使う』というスタイルで、

計「18回」使った感想をまとめていきます。(2014/3/19)

 

水洗顔については>>洗顔料は使わない、『水洗顔』とは!? ニキビに効く?

 

 

 

 

 

『泡がとにかくヤバイ』

 

 

初めて使ってまず思ったのが、「泡がヤバイ」です。

今までのモノと比べ物にならないくらいキメが細かすぎる

 

 

このような感じの「モコモコな泡」は慣れれば簡単に作れてしまいます。

使ってみんしゃいよか石けん泡

 

王道的な『正しい洗顔方法』 ←まずはこれを極めるべし!

では「正しい洗顔方法」をお話していますが、

 

汚れをしっかり落とすには、「しっかりと泡立てる」必要があるんですよね。

指が顔に触れないようにするためにも。。。

 

 

繰り返しお伝えしていますが、私は今まで「ダヴ」を使ってたんですね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

プッシュ1回分の「泡」はこんな感じなんですが、

 

使ってみんしゃいよか石けん

 

顔を傷つけないようにするために、

結局「4回プッシュ」して使ってたんですよ。

 

それなら多少高くても「よか石けん」を買ったほうが安かったんじゃないか??、と。(笑)

 

 

しかも、その割には「泡が”薄い”」ので、

顔に少しでも水気があれば、ダ~っと流れていってしまいますし・・・

イマイチ汚れが落ちてるんだか?落ちてないんだか?・・・・

 

市販で売られている洗顔フォームなんかは、”キメ”はあまり細かくないので、

まぁ仕方がないことなのかもしれませんね。。。

 

 

ところが、この「よか石けん」を使ったことで、

使ってみんしゃいよか石けん

 

 

泡の力」だけで洗顔するって、

こういうことなんだなぁ~と思い知らされました。

 

もう、

 

「指が触れないように・・・」とか気にする必要ないです。

 

 

泡を顔にのせる前に、軽く「水ですすぐ」かと思いますが、

その水が顔に残っていても、「よか石けんの泡」はビクともしないんですよ。

 

 

泡の質、キメの細かさ』は最高レベルなので、

泡を押せば指が跳ね返されますし、顔に指が触れるなんてことはまずないです。(^-^)

それくらい、「泡が”モチモチ”」してます。

 

 

洗顔の重要なポイントである「優しく洗う」はかんたんにクリアできてしまいます!

 

 

 

特に乾燥肌や敏感肌の場合、「どれだけ肌に刺激を与えずに洗えるか?

がポイントになるので、そういった場合も安心して使うことができますね。

 

 

 

 

あとは、「汚れの落ち具合」についてですが・・・・

 

顔全体の古い角質たちが一掃され、

肌がものすごくキレイになってきます。

 

 

肌がものすごくキレイ・・・・

↑これデタラメに言ってると思いますよね?

でも、ホントなんですよこれ。(^-^)

 

 

特に、

 

 

鼻の角栓(黒ずみ)」や「あごのザラつき」なんかには効果バツグン!

 

 

 

よか石けんの火山灰シラスパウダーによって、顔全体の古い角質たちを全部取り除いてくれます。

 

 

なので、顔のくすみ(なんか黒ずんでる・トーンが低い)を改善することができますし、

年齢を経るにつれて角質が溜まりやすくなってきた(ターンオーバーが遅くなって)というのも、

改善できたりします。

 

 

「肌をボロボロにしてしまうかもしれない」というリスクを冒してまで、

ピーリング洗顔”なんかをわざわざする必要はないんですよね。。。

 

 

 

体質的に「角質が溜まりやすい」という方や、

肌が厚くなっていることが原因でニキビが多発しているなんて方にも、

かなりの効果が期待できるはず。

 

 

 

鼻の黒ずみや、あごのザラつき・汚れ、なんかはなかなか取れないんですよね。

普通に洗顔しても。。。

 

でも「よか石けん」を使うことによってそれらの悩みを一気に解決してくれます。

 

 

 

実際、3回か4回くらい使った頃でしょうか?

 

 

え?なにこれ?ちゃんと汚れ落ちてる。(嬉)

なんか鼻小さくなった?頬もなんか柔らかい。

 

 

風呂場で一人で感動してましたよ。

汚れってこんなに簡単に落ちるんだ、と。

 

 

しかも、

王道的な『正しい洗顔方法』 ←まずはこれを極めるべし!では、

泡を顔にのせる時間は短めに!」と言っていますが、

 

 

よか石けんの場合は「石けん」なので、肌に害をなす成分が含まれていないため、

長時間(2分くらい)のせておいても全然大丈夫なんですよね。

 

 

洗顔”フォーム”のように、

肌に必要な成分を根こそぎとってしまうなんてことはありません。

 

 

ゆ~くり、モチモチの泡を堪能しながら、極上の洗顔を味わうことができます。(^-^)

 

 

 

「よか石けん」はホントにどんな肌質でも使えますし、

汚れが落ちない・・・と悩んでいる方にはぜひ手にして欲しいですね。

 

 

 

口コミで人気、火山灰の吸着力!然(しかり)よか石けん

 

 

 

ちなみに・・・

 

顔だけじゃなく全身に使える!」というクチコミを見かけたことがありますが、

 

つかってみんしゃいよか石けん

 

なるほどなぁ~これなら体のくすみも取れるわけだ・・・、と。

 

洗顔だけじゃない、というところがまたいいです。

 

 

 

 

「よか石けん」の心配なポイントまとめ!

使ってみんしゃいよか石けん47

 

 

気になるクチコミを見つけたので、2点だけお話しておきますね。

 

 

まずは、

洗浄力(吸着力)が強すぎて、乾燥してしまうのではないか?」について。

 

 

全く問題ありません。(^-^)

 

 

この「よか石けん」には火山灰シラスパウダーという毛穴より小さい洗浄成分が含まれていて、

吸着力に優れているため、古い角質などをキレイに取り除いてくれます。

 

「吸着力が強い」のはたしかなんですが、そもそも「石けん」なので、

洗顔”フォーム”のように角質を剥ぎ取ってしまうなんてことはまずないんですよね。

 

 

肌に必要な成分をしっかりと残しつつ、肌にいらない成分(皮脂や汗、ホコリ、古い角質など)を洗い流してくれるので、

 

肌の”バリア”は守られ、「乾燥肌」や「敏感肌」の人でも安心して使えるというわけなんです。

 

 

実は私も使う前は心配してました。(笑)

でも、使ってみれば「乾燥するどころか、肌にはうるおいだらけ」でしたよ。

 

 

 

 

もう一つの心配ポイントは、

火山灰が目に入るのではないか?」。

 

 

↓こんなのは流石にヤバイですが、

火山灰シラス

 

よか石けんのは「火山灰シラスパウダー」ですからね。

火山灰シラスパウダー

 

・・・というか、そもそも

 

いつもどおりに洗顔すれば目には入りません。w

 

そこまで心配する必要はないです。

 

 

 

最後に

 

さて、だいぶ長くなりましたね。

ここまで読んでくれている人はいるんだろうか?w

 

ここまで熱く語らせていただいた「よか石けん」ですが、

 

これさえあればこれから先楽しく生きていけるような気がします。

今のところ他の洗顔料を買う予定は一切ないです。

 

 

私はまだ使い切ってませんが、「定期購入」に申込みましたので、

一応『リピート購入している』ということにさせていただきますね。

 

 

何千とある洗顔料の中で、当ブログで一番オススメしている・・・・

 

それが「然(しかり)よか石けん」になります。

 

 

 

3秒に1個売れているこの超人気の洗顔石けん、

あなたも試してみてはいかが??

 

 

button_001