あなたは普段どのように洗顔を行っていますか?

普段行っている洗顔方法に自信はありますか?テキトーにやってますか?

 

今現在、あなたが悩まされているニキビや肌荒れ、毛穴の開きや黒ずみ、その他の肌トラブルがもしかすれば「間違った洗顔方法、洗いすぎ」が原因かもしれません。

 

洗顔しすぎると肌はボロボロになっていく

 

ニキビや毛穴の開き、黒ずみなどの肌トラブルに悩まされている場合、それを頑張って治そう!と一生懸命洗顔スキンケアを行います。

そうすると、力を入れてゴシゴシ洗ったり、洗浄力の強いものを使ったりしてしまうわけですから、どんどん肌は傷ついてしまいます。

いつの間にか肌状態がかなり悪化し、長引く、いつまでも治らないといった悪循環に陥っていくわけです。。。

 

実際長年私もそうでしたから、まずは「洗いすぎているのではないか?」と意識することが大切かもしれません。

 

角質層

 

普段私たちが洗顔などでケアしてあげられるのが「角質層」という部分です。

この角質層の厚さは「ラップ1枚」と同じ程度で、”かなり薄い”です。

 

角質層は主に「角質細胞」と「角質細胞間脂質(約4割がセラミド)」で構成されていて、

細胞の中には「NMF」という成分があります。

 

角質層構造

 

セラミドが「セメント」の役割をして、角質細胞同士をつなぎ合わせています。

ガッチリとつなぐことで、外部からの刺激だったり内部の水分の蒸発を防いでいます。

これが一般的に『バリア機能』と呼ばれているものです。

 

「セラミド」と「NMF」は肌にうるおいを与える超重要な成分です。

 

そして、私たちが普段ワルモノ扱いをしている「皮脂(アブラ)」が、

この角質層のバリア機能を上から『サポート』している形になります。

 

例えばですが、たまにいますよね??すごく肌が強い人。

あーいう人はゴシゴシ力を入れてテキトーに洗顔しても肌が荒れることはないでしょう。セラミドなどの保湿成分がしっかりと作られていて角質のキメも細かいです。

肌のバリア機能がすごく高いと言えます。そういう体質なのでしょう。羨ましいですね。

 

一方で、当然「肌が弱い体質」の人もいます。

すでに今現在肌に悩まされているという人ももともとそういう体質かは分かりませんが、「肌が弱くなっている状態」にあります。

そのような場合、できるだけ肌への負担を減らしながら洗顔などケアをしなければならないのですが、間違った洗顔をしてしまうことでどうなるのかというと・・・

○皮脂や「セラミド・NMFなどの保湿成分」が不足する

⇒乾燥肌を招く(肌カサカサ・粉吹く・顔がつっぱる)

○徐々にバリア機能が低下していき、ターンオーバーが早くなる

⇒肌がゴワゴワしてくる

○バリア機能低下に反応し、皮脂が過剰に分泌される

⇒脂性肌(オイリー)を招く、顔がテカテカする、毛穴が開く

⇒ニキビができやすくなる

○ニキビを潰してしまい炎症を起こす

⇒跡が残りやすくなる

○洗いすぎが進行すると、バリア機能が”崩壊”する

⇒敏感肌を招く(ヒリヒリ・毛穴が開く・つっぱるなど・・)

○角栓や古い角質が溜まりやすく、簡単には取れなくなる

⇒肌がものすごく汚く見えてしまう・・・

⇒それを取り除こうともっと洗ったりピーリングしたりすれば、もっと悪化する

○顔が赤くなる(乾燥などで炎症を起こす)

○シワが目立つようになる(保湿成分が不足している)

○シミが残りやすくなる(ターンオーバーが正常でないため)

○見た目がものすごく汚く見える(老化のスピードが・・・)

 

 

熱いシャワー、ピーリングなどもやめたほうがいい

シャワー顔乾燥

 

○熱いお湯で洗顔する

○シャワーを直接顔に当てて洗う

○洗顔料を泡立てない

◯ピーリング洗顔料

◯毛穴の汚れ専用などと書かれた安い洗顔料

 

これらはすべて肌への負担がとても大きく傷つける行為です。

 

 

特に「スクラブ洗顔料」や「ニキビ・脂性肌用の洗顔料」「ピーリング洗顔料」なんかは、

 

ニキビ用洗顔料

 

”脱脂力がかなり強め”なので、注意が必要です。

ただでさえ乾燥してバリア機能が弱っている肌をさらに痛めつけることになります。

そういった、安くて粗悪な洗顔料を使っている限り、肌トラブルは長引きます。

 

 

今まで朝夜両方洗顔料、石けんなどを使ってゴシゴシ洗っていたという場合、

洗顔料による肌への負担を減らして肌を回復させるために、

ぬるま湯、水だけ」で洗顔をするという方法があります。

 

 

水洗顔とは

 

洗顔料を使わずに、『“水”だけで洗顔』すること。

 

「洗顔料で洗顔」⇒「化粧水や美容液・クリームで保湿」というスキンケアが一般的ですが、

皮脂を落とすために洗浄作用の強い洗顔料を使ったり、強く力を入れてゴシゴシこするように洗っていることが原因で、例えばニキビや毛穴の開きや黒ずみ、赤み、シワ、などの肌トラブルを起こしていることがかなり多いのです。

 

なので、普段の洗顔で石けんなどは使わずに、水(お湯)だけで洗うことで洗顔による肌への負担を極力減らして肌の自然治癒力を回復させていこうというのが狙い。

 

実際私も2013年頃から実践し始めもう6年以上経っています。

水洗顔のやり方でもお話していますが、昔は洗いすぎていたり様々な間違った洗顔・スキンケアをしてしまっていたので、洗顔料を使わずお湯だけで洗うようにしてからは様々な肌トラブルが少し改善し始めました。

 

もちろん、洗顔料・石けんなどを使わないようにするだけですべての肌トラブルが改善し、肌が綺麗になるというわけではありませんが、実際にやってみれば違いは分かるはずです。とてもおすすめです。

 

 

そもそも朝は水だけで十分

みなさんご存知のように、私たちが寝ている間に体を修復するための様々な代謝が行われ、肌も新しいものが作られ日々入れ替わっています。よくゴールデンタイムとかエンジェルタイムとか言われるように肌にとっても大事な時間ですね。

なので、朝の洗顔、スキンケアというのは慎重にやらなければいけません。

 

洗顔料を使うほど、汚れはたまっているのか

 

朝もしっかりと石けん・洗顔フォームを使って洗顔をしている方は多いかと思いますが、本当に洗顔料を使う必要はあるのでしょうか?

夜シャワーを浴びたり・お風呂に入るか、洗顔だけをして、あとは何時間かしたら寝るだけですよね。

夜顔を洗ってから起床するまでの間、どれだけの汚れがたまるでしょう??

 

たいてい、洗顔料を使うほどの汚れはたまってはいないです。

 

体質的に皮脂の量がすごく多い、ニキビが多くできている、など石けん等を使った方が良い場合はありますが、

ある程度の皮脂や汗、ホコリ等はお湯で全然落とせます。

 

 

洗顔料の使いすぎはすべての肌トラブルの元凶

 

たいして汚れが溜まっているわけでもないのに、必要以上に毎日洗顔料を使っていれば、次第に肌は荒れてきます。

いくらゴシゴシ一生懸命洗ったって、ニキビが治るわけではありません。毛穴の開きや黒ずみも悪化するでしょう。

 

シワも増えます。キメもあらくなり、ツヤもなくなります。「石けん・洗顔フォームを使ったあとに、しっかりと化粧水や美容液などで保湿してあげれば大丈夫」なわけがないのです。

 

 

【洗いすぎの例】

 

「ニキビ、毛穴の開き、黒ずみが目立つなぁ。。。皮脂とか汚れがたまって詰まっていることが原因だからちゃんとゴシゴシ洗ってきれいに落とさないと!」

(毛穴の黒ずみ用!などとうたわれている商品はたいていかなり洗浄作用が強くなっている。石けん・洗顔フォームだけでなくピーリングジェルやいちご鼻パックなども使用してしまう。)

肌にいらない汚れが落ちるだけでなく、肌自体が傷つけられていく。角質層のセラミドなどの保湿成分も減っていく。

“テカリ”を無くそうと、一生懸命ゴシゴシ洗顔していたが、逆に悪化。皮脂ももっとドバドバ出るように。

肌がボロボロになりかけているのに気づかず、「洗い方が足りないのだ」と勘違いして、さらに洗い方を徹底する。

そもそも必要以上に洗っていたことが問題。

いくら洗い方を工夫しても、肌状態は悪化していくだけ。。。

化粧水や美容液なども、使うとヒリヒリしたりかゆくなったり赤みが出たり。。。

角質層が剥がされ、薄くなり、かなり敏感な状態。

肌トラブルの悪化、慢性化、いつまで経っても治らない

 

 

まずは、朝だけでも石けん・洗顔フォームは使わないようにすることで、

多少なりとも肌状態が良くなるでしょう。

 

 

お湯だけで汚れは落とせるのか

 

「洗顔フォームを使わないと汚れを落とせないんじゃない?水だけだと心配!」

「石けんを使ってしっかりと洗わないと肌が老化するってよく言われてるよね??」

 

お湯だけでも皮脂や汚れは十分に落ちます。特に朝はたいして汚れはたまってないので。

皮脂はだいたい30℃くらいで肌に流れ出すので、それより高い温度なら洗い流せるということになります。

 

お湯だけの洗顔で肌は老化しません。

それよりも石けん・洗顔フォームの使いすぎで肌が荒れる方が私は怖いですね。

洗顔料を使ってゴシゴシ洗って皮脂も完璧に落とした方が気持ちがいいし、別に肌が荒れたりはしないよ!という人は使えばいいと思います。

 

私は6年以上朝はお湯だけで洗顔していますが、特に困ったことはありません。

皮脂もきっちり落とせますし、そもそも少し残っていたって問題はないわけです。

洗顔料を使ったほうが肌はつっぱるしカサカサ乾燥するし、皮脂も増えるしで、その方が老化します。

 

 

水洗顔で健康な肌が育つ

必要以上に洗顔料を使わないようにすることで、肌への負担はかなり減ります。

角質層の保湿成分が削がれるということがなくなるので、肌が乾燥して余計に皮脂がドバドバ出るようなこともなくなっていきます。

「古くなった角質は自然にはがれ落ち、新しい健康な肌細胞に生まれ変わっていく」という本来の目的を邪魔されることなく行えるようになります。

 

「ニキビ」に効果はあるの?

 

ニキビの原因はたくさんあります。

ニキビが悪化、慢性化してしまう原因の一つに「皮脂の過剰分泌」がありますが、これが「洗顔料の使いすぎ・洗いすぎ」で起きていることがまぁ少なくないわけです。何度も繰り返しお伝えしていることですね。

 

洗い過ぎをやめれば、皮脂の量も減ることが多いので、結果ニキビも減ります。

 

私も中学、高校生の時はとにかくニキビ・肌荒れがすごかったです。

その時は自分の洗顔のしかたが間違っているなんて考えもしません。教えてくれる人もいません。調べようともしませんでしたね。朝も夜もとにかくゴシゴシ一生懸命力を入れて洗っていたわけです。

肌が汚いのが嫌で嫌でたまらなくて、治したいという一心で。。。

 

夜シャワーを浴びてから化粧水や乳液で保湿、ニキビの薬も塗ったりしていたので、朝洗顔料を使わざるを得ない状況になっていたと思いますが、

色々と考えて洗顔のしかたを変えて、朝だけでも水洗顔をやっていたら少しは違っていたのかなぁと今は思います。

 

もちろん、体質的にどうしても皮脂の量が多くてお湯だけでは落としきれないなど、石けん・洗顔フォームを使ったほうが良いという場合もあります。そこは少しづつ試しながらですね。

 

美容液や乳液、クリームを塗るから水洗顔できない

化粧水だけなら問題ありませんが、乳液や美容クリームなどの油分が多い化粧品を夜寝る前に使っているという場合。

ぬるま湯だけでは落とすのが難しいので、どうしても朝石けん・洗顔フォームを使わなければいけなくなりますね。

 

今現在それで特に肌に問題はないという人はいいですが、ニキビや肌荒れなどなんらかの肌トラブルを抱えてる人は化粧品は油分の少ないものにして翌朝はお湯だけで洗うようにした方が肌はきれいになるかもしれません。

これも試しながら行っていきたいですね。