あなたは普段どのようにニキビケアを行っていますか?

 

そんなにゴシゴシ洗ったってニキビは治らない

 

 

アクネ菌を殺菌するため、”テカリ”(皮脂)を落とすために、

 

 

朝も夜もニキビ用の洗顔料で洗顔してませんか??

1日何回も洗顔してませんか?

ゴシゴシ洗ってませんか?

 

 

「洗顔してもまたすぐに肌がぬるぬるします。油がいやです。朝と夜以外にも洗顔してもいいですか?」

「ちゃんと洗顔しているのにニキビが治りません。洗い方が足りないのでしょうか?」

こういったコメントはよく頂きます。

 

とにかく洗えばいい、あぶらを落としてやればいい、汚れをキレイに落とせばニキビは治る、

そういうものではないわけです。たいてい洗いすぎです。

 

赤ニキビは、炎症を起こして腫れ上がっている状態。

肌がとても敏感、”ニキビ跡”もできやすくなってます。

 

特に思春期の方は「目立つから、友達に馬鹿にされたくないから・・・」と、

ついつい頑張りすぎて、自己流のケアを続けてしまうことが多い。

必死に赤ニキビを治そうと努力しているはずが、ますます悪化、長引いて、跡が残ってしまったりと。

 

実際私もそうでした。ニキビの正しいスキンケアなんて知っているはずがありません。

 

赤ニキビが顔中に出ていたり、悪化するばかりだったり、なかなか治らなかったりするのは、

実は、「早く治したい!」と頑張りすぎていることが原因かも。

 

 

たぶんあなたの洗顔も間違ってます。洗いすぎてます。

 

 

 

アクネ菌は殺さない、刺激を与えず優しく(具体的な洗顔方法)

 

簡単に言ってしまえば赤ニキビは、

「アクネ菌」が皮脂をエサにして過剰に繁殖して炎症を起こしている状態

 

・・・であれば、

アクネ菌を殺菌し顔の皮脂もすべて落とせば治るのではないか??

そう単純なものではありません。。。

 

ではどうすればいいのか?

ニキビに関しても他の肌トラブルと同じで、

「余分な汚れのみ」を落とすように洗うという基本的な洗顔、スキンケア方法は変わりません。

 

そこにこの2つのポイントに気をつけながら行っていきます。

 

 

・抗炎症成分等が含まれたニキビ用の洗顔料を使う

・できたニキビを悪化させない、刺激を与えない、皮脂を落としすぎない

ニキビが繰り返しているわけですから、改善するには専用の洗顔料を使ったほうが早いです。
これを使っていきます。かなりおすすめですよ。
赤ニキビ洗顔料「NonA」

 

ニキビ専用の洗顔料を手に入れたらあとは、基本的な正しい洗顔を行っていくだけ。

刺激しない、ゴシゴシしない、洗いすぎない、皮脂落としすぎない、自己流でやらない、焦らない。

 

>>基本となる正しい洗顔方法

 

 

 ドラッグストアで売られている安価なものはダメ

 

「ニキビはとにかく刺激を与えないこと!」

ドラッグストア、スーパーで売られている安価な洗顔料ではこれを守れません。

 

こういうの↓

アクネス

 

『殺菌・脱脂』作用がかなり強力で、

肌に必要な保湿成分、皮脂を根こそぎとってしまいます。

使うたびに肌がボロボロになっていきます。。。

 

「え、でもみんな洗顔料なんて適当に選んで使ってるけど、みんな肌キレイだよ??」

肌が強い、綺麗な人は何を使ったってめったに荒れたりしません。多少洗わなくても平気です。

 

ニキビが多い、繰り返しできるということは肌が弱くなっているということなので、

適当に選んでいては悪化させるだけ。刺激、ダメージを受けやすいのです。

安いモノだと洗ったあとすごく顔がつっぱります。泡も少ないので摩擦のダメージも大きい。

 

 

じゃあどんな洗顔料が好ましいのか、、、

肌の刺激にならない「石けん」で、たっぷりの泡で洗顔できる。

ついでに『薬用』で優しくアクネケアできる・・・

そんな洗顔料が、理想的。

 

 

なので、NonAがおすすめだということです。

 

 

とりあえず洗顔料はNonAを使うとして、

赤ニキビができてしまっている時に特に注意しておきたい洗顔のポイント

 

 

【特に注意しておきたいポイント】

 

しっかりと泡立てて、指が顔に触れないように「泡のチカラ」だけで

 

⇒赤ニキビができているときは、「とにかく刺激を与えない・悪化させない」ことが大切。

ゴシゴシしなくても泡を肌に押し当てるだけでも汚れは落ちます。

石けんをしっかりと泡立てて、泡を大量に作ります。

これもやはりドラッグストア・スーパーで売られているものでは泡は多く作れません。

 

「泡」を顔にのせている時間は、できるだけ「短く」

 

⇒たっぷりのキメの細かい「泡」でも、ニキビにとっては刺激となってしまいます。

顔全体に泡をほどよく押し当てたらすぐにサッと水で流します。それでOKです。

 

温度は少し「低め」に設定する

 

⇒お湯で洗顔してしまうとさらに皮脂や保湿成分などが流れてしまい、肌が乾燥します。

ぬるま湯がベスト。熱くなるほど肌が傷つくのでやめましょう。

 

「すすぎ」をしっかりと行う

 

⇒面倒くさがって、すすぎをテキトーに行っていませんか?

おでこやこめかみ、あごのニキビは「すすぎ不足」が原因になっていることが多いです。

すすぎも念入りに行うようにしましょう。

 

 

「手」・「タオル」を清潔に!

 

⇒洗顔する前には必ず手を洗ってから行いましょう。

手に雑菌は多いです。普段顔を触るくせがある人は気をつけたほうがよいです。

タオルも必ず洗ったものを使います。

 

 

 

正しいニキビケアを続けていけば、、、

 

正しくケアを続けていけば、ゴシゴシ自己流のやり方でやっていた時より皮脂の分泌も落ち着いてきます。

ニキビの数、頻度も減り、徐々に肌もキレイになっていきます。

 

もちろん、洗顔だけでニキビが綺麗サッパリ治るなんてことはありません(そういう人はたまにいます)。

当然時間もかかります。

が、確実に前よりも肌の状態は良くなっていくはずです。

 

 

【おさらい】赤ニキビを治したいなら、ニキビ用の洗顔料を使う

赤ニキビ洗顔料「NonA」

 

>>【思春期ニキビ】「NonA・ノンエー」の効果と、使った感想・口コミ