洗顔は正しく行わなければならない

 

【ダメな洗顔の例】

○ゴシゴシ強くこするように洗う

○泡立てない(洗顔フォームを顔の上でテキトーに泡立てる)

◯泡の量が圧倒的に少ない

○熱いお湯で洗う

◯シャワーを顔に当てて洗う

◯雑菌だらけの汚いタオルで顔を拭く

 

肌をキレイにするためにも、洗顔は正しく行います。

 

 

Step1 『手を洗う』

正しい洗顔方法

 

最初にしっかり手を洗います

手には雑菌・汚れがものすごくついています。ニキビが悪化したりするのでしっかりと洗っておいたほうが良いです。

 

 

Step2 『素洗いする』

ニキビ正しい洗顔

なにかしらの洗顔料、石けんを使って洗う場合は、いきなり泡を肌にのせていくのではなく、まずは水だけで軽く洗います。

 

汗やホコリなどのちょっとした汚れは、水でサラっと洗うだけで落とせます。

毛穴を開いておいて汚れを落としやすくするという意味でも、やっておいたほうが良いです。

 

 

朝だけ、もしくは朝夜基本石けんなどは使わないという方は、水洗顔のやり方を参考にしてもらえればと思います。

 

 

 

Step3 『洗顔料を泡立てる』

正しい洗顔方法泡立て

普段どのように泡立てていますか?

どのくらいの泡で洗っていますか?

 

とにかく泡がきめ細かく、多ければ多いほどいいです。

 

その方が汚れが落ちます。

毛穴の奥の汚れをしっかり取り除く、実際に洗っていく際に肌との摩擦を減らすという意味でも泡は多く作る。

 

泡で出てくるタイプでも大丈夫ですが、石けんなどの方が数倍きめ細かくできます。

汚れの落ちやすさはやはり違うと思いますよ。

 

正しい洗顔泡フォーム

 

 

チューブタイプのものを使っている場合も、テキトーに肌の上で伸ばして洗うなどということはせず、

 

洗顔チューブタイプアクネ

少し手間かもしれませんが、泡立てネットを使っていきましょう。

手だけでも出来ないことはないですが、ネットの方が楽です。

正しい洗顔方法泡立てネット

 

 

慣れればパパっと決めの細かい大量の泡を作れるようになります。

 

「石鹸」の場合↓

 

「クレンジング込み」の場合

 

泡を多く」「きめ細かく」を目指してください。

肌をキレイにするためにもかなり重要です。

 

 

Step4 『泡を顔にのせていく』

正しい洗顔方法泡

 

大量に作ったキメの細かい泡で、洗う作業に入ります。

基本的には、泡を顔にのせるだけで良いです。

ゴシゴシこすったりする必要はありません。泡をのせておくだけで、あとは水で洗い流したときには油はかなり落ちているはずです。

 

おでこや鼻、など脂っぽさ(テカリ)が気になる部分だけ、

指先で円を描くように泡をなじませます。あくまでも優しくです。強く力を入れないように。

 

繰り返しになりますが、洗顔というのは「肌についている余分な汚れを落とす」のが目的なので、

力を入れてゴシゴシ洗うのは間違いです。頑張ってゴシゴシ洗ったからといって毛穴の開きやニキビが治るはずがありません。悪化します。

 

洗顔しすぎると・・・

 

Step5 『泡が残らないようにすすぐ』

洗顔すすぎ

 

泡が肌に触れている時間が短いほうがダメージが少ないです。

全体に泡をなじませたら、すぐにすすぎを行います。

 

泡が残らないように、しっかりすすぐ。

 

すすぎ不足が原因でニキビができたり、肌が荒れたりすることは結構多いです。

特に「あご」や「髪の生え際」は汚れが残りやすいので注意。

 

FINAL 『タオルで水気を拭き取る』

洗顔方法タオル拭き取る

 

こすらずに、肌に優しく当てるような感じで十分です。

必ず洗濯したものを使用するように。

 

一度使った雑菌だらけのタオルはダメ。

ゴシゴシこすって拭き取るのもダメ。

 

せっかくの洗顔が無駄になってしまいますね。

 

熱いお湯は絶対にやめる。皮脂を落とせれば良い温度で

 

洗顔する際の温度は、「ちょうどよく皮脂を落とせる程度」にします。

だいたい熱く感じない程度のお湯が良いです。