皆さん、お久しぶりです。

今年の10月30日以来記事の執筆は行っておらず、約1ヶ月半ぶりの更新となります。

 

非常に情けない話なのですが、実は11月頃から急に肌が荒れ始めまして・・・、

顔全体に「赤み」「湿疹」が出てくるようになり、ずっと落ち着いていた「脂っぽさ」「テカリ」も復活してしまいました。

 

皮膚科で正確な診断を頂いたわけではありませんが、

ほぼ100%脂漏性皮膚炎だったと思われます。

正直、症状が現れた時は鬱になりかけましたし、もうこのブログはやめようと思いました。笑

何度心のなかで「お前、その汚ねぇ顔で人にアドバイスしてんじゃねぇよ」「とっととブログやめちまえ」とつぶやいたことか・・。

 

 

当然、自分の皮膚に関する知識への自信も無くしかけました。

 

 

ただ、脂漏性皮膚炎になってしまった原因にはいくつか心当たりがあったので、

「洗顔方法」などを徹底的に検証したことで、今ではその症状が出る前より肌がキレイになっています。

 

今は完治しており、もう一度症状が出ても、完治させる自信があります。

こうして情報を提供できるネタになってくれたので、結果的には良かったです。

 

 

前置きが長くなりましたが、脂漏性皮膚炎にお悩みの方はぜひご参考ください。

(特に水洗顔を実践し始めてから症状が現れたという方)

 

 

*脂漏性皮膚炎の症状のレベル・原因は人それぞれ違いますので、あくまでも「参考」としてお読みいただければ幸いです。m(__)m

「お前医者じゃないのに、勝手なこと言ってんな!」的なコメントをたまに頂くことがあるので、念のため。笑

一個人の”治った経験”をシェアすることに何ら問題はないはずです。

 

*「脂漏性皮膚炎」と「脂漏性湿疹」はほぼ同義であるため、この記事では全ての症状を含んでいるという意味での、『脂漏性皮膚炎』という単語で統一していきます。

 

 

自分の症状が脂漏性皮膚炎かも知れないという方は、ぜひ一度皮膚科を受診されることをオススメします。

 

 

脂漏性皮膚炎の対策として私が行ったこと

 

 

皮膚科・一般的に巷で行われているケア方法は、

 

朝晩、洗顔石鹸でしっかりと洗顔をする(コラージュフルフルなど)

ニゾラール(抗真菌薬)、ステロイド(抗炎症薬)の塗布、抗ヒスタミン剤(かゆみ用)の服用

ビタミン剤の服用

睡眠などの生活習慣面の改善

 

などがありますね。

 

 

 

特に、皮膚科や専門書では「とにかく石鹸を使って肌を清潔に保つ」ことが強調されているように感じます。

 

 

 

試行錯誤した結果、私が出したケア方法の結論は以下になります。

 

洗顔を完全に「水だけ」にし、アブラを残さないために「パシャパシャ」ではなく「ピタピタ」で。

食事をバランスよく、余計なものは食べない。ビタミンをサプリで補給

睡眠不足、ストレスに十分注意する。

 

 

かなり基礎的な部分ですが、この3つのポイントを徹底して行っただけで、

顔全体に出ていた赤み・湿疹がどんどん消え、肌がキレイになってくれました。

 

 

皮膚科に行き、処方された薬を使って治療していくというのもアリでしたが、

薬で一旦症状が良くなったとしても、生活面に原因があるのならそれを改善しないことにはまた再発するので、

 

自分なりの解決法」を見つけ出せたのは良かったと思います。

 

薬での治療は所詮はその場しのぎの対処療法でしかありませんし、

薬を使い続けるリスク(特にステロイド)を考慮すれば、「薬なし」で治していくのに越したことはないのは言うまでもありません。

 

実際、薬を塗布したことで症状が悪化したという方は多いみたいですね。。

 

 

*私の場合は「原因が分かっていた」ことと、他の方に比べればアトピー性皮膚炎のような症状もなく比較的軽症だったため、薬を使用せずに改善出来ました。

「薬を使うな」という意味ではなく、ぜひ根本的な原因を探り、改善に努めてみてはいかがでしょうかという意味です。

 

 

 

 

私が行った方法は、『洗顔方法の改善』『栄養補給』『睡眠・ストレスの改善』の3つで、

これらは初歩の初歩ですが、それぞれ重要なポイントがあるので一つ一つ見ていきますね。

 

 

 

脂漏性皮膚炎に適しているスキンケアって結局何?

脂漏性皮膚炎洗顔方法

 

 

脂漏性皮膚炎が出ている状態での洗顔で気をつけるべきなのは、

いかに優しく、しっかりと洗浄するか?』ですね。

 

 

優しすぎてもダメ。洗いすぎてもダメ。

 

 

私も脂漏性皮膚炎が現れた際、様々な洗顔方法を試し、

治ったり悪化したりを繰り返しましたが、今現在は「水だけで洗顔する」という方法に落ち着いています。

 

同じ症状が再度出ても、だいたい7〜10日ほどで完治するはずです。

(今は完治しています)

 

 

繰り返しになりますが、今行っているのは、

洗顔料は一切使わずに、水だけで洗う」という方法。ただそれだけです。

 

 

では、具体的にどのような症状だったのか?

どのような流れでなったのか?についてお話していきますね。

 

 

 

 

【脂漏性皮膚炎になったきっかけ・水だけ洗顔に落ち着いた経緯】

 

 

◯去年(2013年)の11月頃から水洗顔を実践し、「毛穴の開き・乾燥・テカリ」などが大きく改善され、かなり肌がキレイに。

洗顔料は使わない、『水洗顔』とは!? ニキビ・肌荒れにどのような効果が?

 

 

◯水洗顔だけでは肌に汚れが溜まるため、適度に洗顔料を使うようになる。
洗顔料での洗顔後も「極潤」や「リプロスキン」で保湿を行い、
今年の8月頃までは、ごく普通のスキンケアを行う。(朝は水洗顔)

 

 

この記事を書いたことをきっけかに、「化粧水をつける」という行為に疑問を感じ、それ以来洗顔後は何も付けなくなる。

 

これを実践したことで今まで化粧水等で張り付けていた古い角質などの汚れが洗顔後に目立つように。。

(*これが悪夢の始まり)

 

顔全体に「大きめの角質汚れ(爪でこすると取れてくる)・アカ」。

*「アカ」は日中は全く目立たないが、洗顔料で洗顔した後はくっくりと見える。

 

 

(9月、10月)

◯とりあえずその「アカ」を全て取り除くために、「毎日洗顔料を使う」ことに。

だが、全く変化はなく、ただ顔が油っぽくなってしまったような感じ。。

 

逆に強く張り付いているようにも感じる。。

 

*酵素洗顔料(パパウォッシュ)を使ったり、サウナに行って汗をかくなどしてみたが、完全に汚れを取ることはできませんでした。
見た感じは特に荒れている様子もなくキレイだったので、そのうち取れるだろうという考えでした。

 

 

 

2014年11月頃〜 脂漏性皮膚炎』発症。。

 

◯「毎日洗顔料を使っていた」せいか、そのアカが張り付いている部位が徐々に赤く炎症し始め、おでこ周辺は皮脂の分泌が多いためか「かぶれた」ような状態に。

 

おでこ・こめかみ周辺がかぶれてくるのと同時に、

「眉間」「鼻」「鼻の横(目の下)」「頬」「口周り」「フェイライン」・・・

ほぼすべての部位に、赤み(湿疹)が出てくる。

 

中途半端にくっついているために肌がその汚れに対して炎症を起こしていることはわかっていたが、洗顔料を使っても一向に取れる気配がなかったため、「水だけで洗う」に変えてみる。

 

*脂漏性皮膚炎が発症してから、「水で洗う」のやり方をちょっとだけ変えました。
ポイントは後述していますのでぜひご参考ください。

 

 

◯そうしたところ、おでこや他の部位の「アカ」が剥がれてくるようになり、

全体的に「赤み」は引いてくれた。・・・が、まだかぶれているような状態は続いている。。

 

おでこの乾燥・痒みが酷かったため、試しにヴァセリンを塗ってみたところ1日で改善。赤みも一気に解消。

*おそらく肌が炎症を起こしたことにより、バリア機能が崩壊し、乾燥していたのだと思います。

 

 

 

11月に入ってから脂漏性皮膚炎が発症し、11月30日には肌状態は落ち着いていましたが、水洗顔の方法を色々試したことで「悪化」「良くなる」を繰り返し、

最終的に今現在完治している状況です。(2014年12月21日)

 

この間に行った、自分にとってのベストだと思われる「水洗顔方法」を以下に書きましたが、

これに加えて「栄養補給」が私の場合必須だったようです。

 

 

 

【脂漏性皮膚炎完治に導いてくれた水洗顔方法】

 

◯水を「パシャパシャかける」のではなく、手を直接各部位に当てながら水をかける」ように行い、手にアブラを吸着させていく。

◯冷たい水ではなく、「32度のぬるま湯」で行う。

 

私の場合、本当にこれだけで改善されました。

*この洗顔方法に加えて、ビタミン剤の服用で完治。

 

 

『普段、水洗顔を行っているけどなんか脂っぽい、テカリが取れない』という方は、

もしかすれば、水洗顔のやり方が間違っているかもしれません。

 

「顔にパシャパシャ水をかける」のではなく、水をすくった手を顔にピタっとくっつけてみてください。それを各部位数回繰り返します。

強く当てずに、本当に軽く数回手をくっつけてください。

 

 

*「手を顔にくっつけていく」をやり過ぎるとアブラを取り過ぎて肌が乾燥してしまい、症状が悪化したり赤みが増すので注意が必要です。

場合によってはこのやり方で悪化してしまうケースもあるかと思いますので、

肌の乾燥状態を見ながら、「水をパシャパシャかけるだけ」「手にアブラを吸着させる」を切り替えてみてください。

 

 

また、「温度」が低すぎると十分に汚れを落とすことができず、

それが原因で脂漏性皮膚炎が慢性化するので、ご注意を。。

 

 

肌を綺麗にできる可能性がかなり高い「水洗顔」には、「脂漏性皮膚炎の発症」といリスクが常につきまといますが、それが発症してしまった場合、

水洗顔の仕方が間違っている場合が少なくないのでは?と、今回の件で感じました。

 

私が言うのもアレですが、日常行っている些細な部分に問題があるのかもしれません。。

 

 

 

 

【補足】朝・晩洗顔料を使ったほうがいいのか?

 

 

皮膚科のサイトや専門書では、決まって「脂漏性皮膚炎は1日2回石鹸を使って洗浄し、肌を清潔に保つこと」的なことが書かれていますが、

 

皮脂が多い部位は「使う」、その他の部位は「水だけ」。

 

以上が私の考えです。

 

 

石鹸で洗顔を行い、赤みが悪化したり余計にアブラっぽくなっているのなら、
やめた方がいいのは言うまでもありません。。

 

「1日2回しっかりと石鹸を使って・・・」なんて、もともと脂性肌で黙っていてもドバドバ皮脂が出てくる人を除けば、正直時代遅れの方法だと思いますし、

 

石鹸を使わずに水だけで洗った方が肌の調子がいいのであれば、それで良いんです。笑

無理に使う必要はありません。

 

 

 

脂漏性皮膚炎の原因はよく分かっておらず、皮膚の常在菌であるマラセチアによって皮脂が分解される(皮脂が酸化される)ことによって発症するというのが一番有力みたいですが、

であれば、「これ以上余計に皮脂を分泌させないこと」が一番重要になるはず。

 

 

洗顔料を使い過ぎたり、間違った使い方をすれば皮脂の分泌量が増えるのは当然。

よほどテカリが酷くなければ、水の温度を調節したり、すすぐ回数を多めにするなど、

「水で洗う方法」を工夫してあげればいいだけだと私は思います。

 

 

朝起きてTゾーン(おでこ・鼻周辺)だけ脂っぽいのであれば、そこだけ石鹸を使えばいいですし、

睡眠不足やあまり肌の調子が優れていない・乾燥気味の日は水洗顔を行えばいいんです。

 

 

私の場合は、もともと水洗顔を行っていたので「洗い方」をちょっと変えるだけでしたが、

今まで正しく洗顔を行っていた方が脂漏性皮膚炎になったことがきっかけで特に理由もなく「朝・晩石鹸を使う」をずっと続けていたりします。。

 

それでは、治るものも治らなくなってしまいます。。

 

 

 

◯【脂漏性皮膚炎はとにかく何度も石鹸で洗顔して、皮脂を全て洗い流すことが大切だ!!」という意見について

 

とあるブログでこんなことが書かれていました。

 

洗いすぎると逆に皮脂の分泌が盛んになってしまうからという話を聞くことがありますが、これは脂性の人や脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)の人には適していない と思います。脂性肌の皮膚はある意味もう既に皮脂の分泌が盛んになってしまっていますので、それ以上盛んになるというのは考えにくいのと、皮脂を皮膚から 綺麗に洗い流すことによって、皮膚は清潔になり皮脂で詰まっている毛穴が空き皮脂の分泌がスムーズに行われれば皮膚が正常な分泌といいますか生理作用に近 づくのではないかと思いますし、そのほうが大切でしょう。

 

このブログの著者はきっと自分の基準だけで発言しているのでしょうね。笑

 

 

「脂漏性皮膚炎になったらそれ以上顔がアブラっぽくなることはないから、

とことん皮脂を取り除いて清潔にしろ」というのは、あまりにも稚拙。。

 

 

たしかに脂漏性皮膚炎は「皮脂汚れ」が原因になっているので、それをひとまず取り除いてあげる必要がありますが、多くの場合、その症状と他の肌トラブルが並存しているため、「ただ洗い方を徹底していけばいい」という単純な話ではないんですよね。

 

 

繰り返しになりますが、

 

このブログの著者は特に肌トラブルもないみたいで、「1日に何回も石鹸で洗う」方法を実践しても何も副作用が現れなかったみたいですが、

私を含め、洗顔料を頻繁に使うことで余計に顔が脂っぽくなったり症状が悪化、
顔が全体的に乾燥し、ボロボロになってしまうケースが多いです。

 

 

 

普段のスキンケアが間違っていて、「ただ脂っぽい」だけが原因になっているのなら、ひたすら石鹸を使って汚れを落としてあげるだけで改善されるでしょう。

 

ですが、脂漏性皮膚炎になってしまったそもそもの原因が生活習慣などにある場合は、

それを改善しない限りは、いつまでたっても治りません。

 

 

 

無理に洗顔料を使わなくても「水だけで落とせる」のであればそれでOKです。

洗顔料を使うにしても、あくまでも肌の汚れを落としてあげることが目的であり、脂漏性皮膚炎を治すことが目的ではありません。

 

普段の食事や習慣を見直していけば、必然的に「皮脂の分泌」も治まり、

過剰に分泌された皮脂によって菌が異常に繁殖して炎症をおこす、なんてこともなくなるはずです。

 

 

 

ちなみに、脂漏性皮膚炎の方は「コラージュフルフル」や「NOV」などを使っているみたいですが、肌に余計な刺激を与えないという意味では純石鹸を使うのが王道かと思います。

 

また、先述したように、脂漏性皮膚炎になると肌が異常に乾燥してしまうことがあります。

その際、「敏感肌用の化粧水・乳液」などは使わずに、ぜひワセリン(ヴァセリン)を使うことをオススメします。

 

敏感肌用でも肌に刺激となりますし、ワセリンは肌への負担がかなり小さいからです。

 

 

脂漏性皮膚炎保湿

(乾燥した際、実際に私が使っているヴァセリンです)

 

 

たまたま家にあったのが「ヴァセリン」でしたが、

これより純度が高く色が白い「ワセリン」の方が保湿力が高いかもしれません。

 

 

以上、ここまでが私が今現在行っている洗顔・保湿方法になります。

 

 

 

次に、「水洗顔」とかなり相性の良かった「栄養補給」について見ていきます。

 

 

 

対策②『バランスの良い食事・ビタミン補給は必須』

脂漏性皮膚炎食事

 

洗顔方法を改善したことで、脂漏性皮膚炎の症状はかなり改善されましたが、

「完治」の決めてとなったのは栄養補給だったと思います。

 

 

「栄養補給」というよりは、「ビタミンの補給」でした。

 

 

普段からバランスの良い食事(脂っぽいもの・お菓子・刺激物を避けるを含む)を心がけていたつもりでしたが、やはり身体に必要な栄養素・ビタミンを自然に摂取するには限界があります。。

 

荒れやすい肌状態なら余計に必要なので、尚更。

 

 

「食事をバランス良くする」のに時間と労力をかけるよりだったら、

サプリで補給したほうが楽という考えだったので、

 

以前から↓の栄養機能食品として売られているビタミン剤を摂取していましたが、

 

脂漏性皮膚炎食事ビタミン

 

ディアナチュラマルチビタミン 60日分 60粒

 

 

脂漏性皮膚炎になり、

↓の医薬品として売られているサプリメントを飲み始めた途端に肌が綺麗になりました。

 

 

脂漏性皮膚炎食事
【第3類医薬品】新エバユースB26 250錠

 

 

「洗顔方法の改善」のみの時とは違い、明らかに肌が綺麗になりました。

治りも早くなりましたし、再発することもなくなりました。

 

 

脂漏性皮膚炎になる以前より肌が綺麗になったような印象を受けます。笑

 

 

脂漏性皮膚炎の治し方を調べてみると「ビタミンb2」「ビタミンb6」が必ず出てきますが、案の定効きました。

 

 

 

肌は高価な化粧品ではなく「食物」によって作られる

栄養が不足している状態では、いくらスキンケアを頑張っても綺麗にならない

 

ということを改めて思い知らされました。

 

 

*ビタミン剤を服用しても、体(特に胃腸)が健康でなければ十分に補給されず、あまり効果は期待できません。

そのため、場合によってはビタミン・栄養を補給していく以前に睡眠やストレスなどにも注意し、根本的に体を強くしていく必要があるかと思われます。

 

 

脂漏性皮膚炎になった方で、「食事」を改善することでかなり良くなったケースが多いみたいなので、この記事でも避けたほうがいい食物を簡単に挙げてみます。

 

 

 

【脂漏性皮膚炎の原因・増悪の原因と成りうる食物】

 

外食全般

加工食品

脂っぽいもの(揚げ物やトランス脂肪酸が豊富に含まれているもの)

 

 

「脂漏性」と言うくらいなので、脂っぽいものには特に注意が必要です。

 

唐揚げなどの揚げ物はもちろん、バターやマーガリン、

とにかく「サクサク系のお菓子」や「甘くて美味しいもの」は避けたほうが良さそうです。

 

 

お菓子全般・アイスクリーム・パンなどは、「サクサク感」を演出するためにショートニングという脂が使われている場合がほとんど。(使われていない場合もあります)

 

ご存知の方も多いかと思いますが、ショートニングには「トランス脂肪酸」が多く含まれていて、身体への様々な悪影響が報告されています。

認知症や生活習慣病全般にも関係しているみたいですよ!(怖)

 

 

コーヒー・タバコ・酒なども控えたほうがいいですね。

 

 

 

 

対策③『しっかり寝る』『ストレス溜めない』

 

 

最後に「睡眠」と「ストレス」について。

 

この2つに注意することでこれまで挙げた「洗顔方法の改善」や「ビタミンの補給」の効果が十分に発揮され、

逆にこの2つを疎かにしてしまえば、それらの行為が全て無駄になってしまうと言っても過言ではないくらい重要なポイントになります。

 

 

では、まず「睡眠」について。

先述したように私は今現在も『水洗顔』を行い続けているのですが、

 

洗顔料は使わず水だけで洗顔を行い、その後何もつけていない(余計な保湿を行っていない)ためか、

生活習慣(特に睡眠)による影響がダイレクトに肌に現れるようになっています。

 

 

そのため、

睡眠が不足していたり、よく寝れなかった・熟睡できなかった日は「赤み」が増え、なんとなく肌が全体的にくすんでいました。

 

熟睡出来た日は赤みはあるものの、肌が生き生きとした感じがあるのですが、

それと比較してみれば、明らかに肌が汚くなってます・・・。

 

脂漏性皮膚炎が改善されてくるときの兆候の一つとして「かさぶた」が挙げられますが、”ちゃんと寝れた”日はそのかさぶたも多く発生しているように思います。

 

 

睡眠不足が直接的な原因ではありませんが、

やはり一度「脂漏性皮膚炎が出やすい肌」になってしまうと、そのせいですぐに悪化したり再発してしまうのではないかと。。

 

なかなか治らず、普段の睡眠が足りていないという方は、

ぜひ睡眠の質を上げることを心がけたいですね!

 

 

睡眠はかなり大切です。

 

 

 

では、最後に「ストレス」。

 

ストレスはかなり厄介で、これがあるだけでも脂漏性皮膚炎が出てしまったりしますし、これがある限りおそらく完治はできません。

 

一度完治しても、ストレスによって再発する可能性はかなり高いはずです。。

 

 

 

これは脂漏性皮膚炎に限らず肌のトラブル全般に言えることなのですが、

 

一人暮らしを始めた途端に顔中にニキビができてしまった・・・

結婚したら急に肌が綺麗になった

”あそこ”に行かなくなったら肌荒れが落ち着いてきた

”あいつ”がいなくなったらみるみるニキビが消えていった

 

なんてことが実際にあるように、根本的に肌を綺麗にしていく・肌トラブルを改善していくには、スキンケアと同じくらい「ストレスのケア」が大切になってきます。

 

 

嫌なことがあってストレスが溜まり、

「なんか今日はいつもより顔が脂っぽい、テカリが酷いなぁ」というのは決して気のせいではありません。

 

 

常にストレスが溜まり続けるような環境に身を置いている場合、

まずは、そこをどうにかしてあげなければいけませんね。

 

 

 

どのようなことがストレスとなるのか?は人それぞれ違いますし、

生活環境や生き方も異なるので、ここでは具体的なストレスケア方法を述べることはできませんが、

 

 

考え方次第でそのストレスはストレスではなくなる。

というのが私の考えです。

 

 

とは言え、職場や学校など自分の力ではどうもできないストレスもあります。

その場合、究極的には「仕事を辞める」「退学する」しかありません。

 

人が最低限成長する過程において、小学校・中学校・(あえて高校くらい)までは必要ですが、

それ以降の専門学校や大学、職場は、はっきり言ってしまえば別に行かなくても困りません。

 

 

そこに通うことで自分を成長させ、多くのスキルを習得し、自分自身の価値を高めることができ、仕事であれば生産性の高い活動ができ、たくさんの人から感謝され生きがいを感じることができているのであればいいのですが、

 

 

そこに通うことでストレスが溜まるばかり。。

自分の力を最大限発揮できない。。

面白くもないし、なぜそこに自分がいるのかがわからない。。

 

 

なんて状況になっているとすれば、”そこに通う”ことになんの意味があるのでしょう?

本来、人生は楽しむべきものであり、そういった「おかしなエリア」に身をおいている事自体おかしいとは思いませんか?

 

 

すぐにストレスが溜まってしまう性格なんですよ・・・」なんて人の場合は、

たいていその物事に対する考え方・思考が間違っているだけなので、そこを改善することでストレスはストレスではなくなってくるのですが、

 

そうではなく、他人から理不尽な要求をされたり、その環境で煙たがられている場合などは、

 

そこから離れる(退職・退学)」しか方法はありません。

 

 

きっとあなたは間違ってはいないはずですから、そこから離れてしまえばいいだけ。

「この場所にずっと憧れてたんだ!辞めるなんて!」という方もいるかもしれませんが、

 

所詮、あなたが憧れていた場所はその程度だったということです。

自身の選択を後悔する必要もなければ、情けなく思う必要もありません。

 

 

金銭的な面で困るという方もいるかもしれませんが、全く心配に及びません。

仕事をやめても失業保険や生活保護などの保障はあります。

*生活保護の受給を推奨しているわけではありません

 

仕事や学校をやめたからといって死ぬなんてことはまずありえません。

今の時代選択肢は無限にあるので、どうにでもなります。

 

 

その職場が嫌なら他の会社に就職すればいい。

その学校が嫌なら他の学校に行けばいい。

 

どうしてもその場所(職場除く)に通いたいのなら、一旦休んでまた通えばいい。

 

 

本当に自分がやりたいこと・居たい場所にいてこそ、

本当の夢を発見でき、それを叶えることができると思いませんか?

 

人生は楽しんでこそ人生だと私は思います。

居たくない場所にいても、そんなのは一生「誰かの駒」で終わります。

 

 

 

だいぶ話が長くなってしまいましたが、

脂漏性皮膚炎・肌トラブル自体がストレスになっている場合は、

 

とにかく気にしない』『鏡を見ない』『あまり期待しない』『長期的なスパンで見る』が大切。

 

正しくケアを行っていても時間がかかるケースはもちろんあります。

鏡を見て何か変化はあったのか?と観察するのはOKですが、その際、感情的にならず冷静に分析してください。

 

 

ただボーっと眺めるだけでは、「はぁ最悪、なんでこんなに肌汚いんだろう・・・」と無意識に考えてしまうので。

 

 

鏡を見るのは朝と夜の1日2回にする。あまり気にしない。

正しくケアを行っていることに自信を持ち、あまり期待しない。

 

期待すれば次に悪化した時にかなりナーバスになってしまうので、

あくまでも3ヶ月・半年後くらいに良くなっていればいいや的な感覚で、

長期的スパンで肌を見守っていく。

 

 

これを徹底していれば、だいぶストレスは減ってくれるはずです。

 

 

仕事や学校に関しては、おそらく「辞める」ことはできないと思いますが、

私は、「辞めたほうがいい」と本気で思っています。笑

 

 

以上、『洗顔方法の改善』『ビタミン補給』『睡眠・ストレス』の3つが私が行った対策になります。

ぜひ参考にしてみてください。